首イボ 除去

首イボを液体窒素で除去?痛みはないの?

首イボ,除去

 

首イボは見た目にもよろしくなく、年老いて見られる原因の一つになりえます。それが老人性イボであった場合、加齢とともにイボが増加する可能性があるため、首イボなどが発生した際には、迅速な対応が肝要になります。
イボを除去する方法の一つとして、液体窒素による除去があります。液体窒素による除去は冷凍凝固法と呼ばれ、皮膚科などで受けることのできる治療法になります。冷凍凝固法とは、液体窒素を使用してイボの細胞を破壊するといった方法になります。マイナス196度の液体窒素を綿棒に染みこませ、イボの箇所に当てることで、細胞が壊死し、イボの下の細胞の新陳代謝が活発になることで、イボが除去されるというメカニズムになります。
冷凍凝固法のメリットとしては、健康保険が適用されるというものになります。イボなどを除去する方法としては、他にレーザー治療がありますが、全額自己負担になる場合もあり、治療費が高額になる可能性があります。冷凍凝固法は健康保険が適用されるため、比較的安価な治療費で施術してもらえるのが、大きなメリットとなっています。しかし、冷凍凝固法にはデメリットも存在します。多くの場合、冷凍凝固法の治療には、強い痛みが生じるとされています。
水ぶくれや内出血がおきる可能性もあり、施術を受ける前にはある程度の覚悟をすることが必要になります。また、液体窒素を浸した綿棒の形に、色素の沈着がおきることがあるため、首イボ、顔のイボなど、目立つ部分のイボの除去にはあまり適していない方法になります。