首イボ 除去

首イボをハサミでチョキっ!?大丈夫なの?

首イボ,除去

 

首回りにできるブツブツとしたできものは、実は「老人性イボ」という首イボです。この首イボがあると、手触りや見た目が悪いうえに、なんだか老けて見えるように感じてしまいます。
首イボができる原因は加齢や老化が主ですが、実は加齢だけではなく、感染性ウイルス性のものや、皮膚が洋服などとこすれて起こる摩擦による刺激など、いろいろな原因があります。肥満体質の人では、首だけではなく、身体の皮膚が重なったり擦れたりするような箇所でこのようなイボが出来ることもあります。
この首イボですが、病院に行けば、レーザー治療や薬物治療などで、時間を掛ければ治すことができます。そして驚くことに、小さく飛び出た形の首イボならば、ハサミで切りとるという方法でも除去できるのです。出血などはほとんどなく、痛みもそれほど感じることはないです。何よりのメリットは、1回で切除できるため、何度も病院に通院する必要がないことです。保険適用内の治療なので、医療費も抑えることができます。しかし、ハサミを使って切りとるだけならば、自宅で自分で出来るのではないかと、実際にやってしまうと、十分な知識(切除方法など)がないと、逆に違う症状で病院に行く羽目になる可能性が出てきます。
使用するハサミや消毒方法、切除後の処置などが十分でなければ、傷口が化膿したり痛みが止まらなかったりします。そのため、簡単そうに見えますが、自分でハサミで切るのではなく、必ず病院に行くのが良いでしょう。